私に旅を頼む場合

こんにちは!香川県高松市マンツーマンアロマサロン・スクールAromatico~アロマティコ~高嶋です。 
最近増えたお問い合わせについて、そろそろちゃんとお知らせしなきゃいけないな…と思い、旅のアテンドについてお話します。

高嶋さん、先日インスタで見た洞窟へ行きたいのですが、連れて行っていただくくことは可能でしょうか?という感じのお問い合わせが(笑)来たので、誤解が生まれそうなので事前にアナウンスさせて下さい。

面と向かって「あなたとは行けません」と言えないので(笑)その理由は、私が旅を一緒にしている人は皆さん「友人、仲間」だからです。

別の時には、別の場所を彼女たちに案内をして頂くことがある仲間です。連れて行ってもらい、色々教えてもらいます。でも、その時はその時で、友人ではあるけれど、それ相当の現金のお支払いをしています

お互いが初めての純粋な旅の場合はもちろんきっちり割り勘です。でも、その時も「運転手が私だけ」の場合、いろんな割り勘問でその後の関係性が変わる事もあります。

私は旅行業はしていないので、手配やツアーはしていません

まず私は旅のお仕事はしていません。旅行業や手配業は、していない。
旅行業の登録なく旅行業を行ってしまうと、旅行業法に違反することとなります

国土交通省 観光庁HP

<これは出来ない>
高知空港で待ち合わせをして、洞窟探検をし、ご飯を食べ、宿泊をして、空港までお送りするというツアーを売り出す。自家用車を使う。

道中の事故、何らかのトラブルの保証、何もないです。白タクみたいなもんですよね。
なので、高嶋トラベルというあだ名はありますが、旅行業はしていません。

じゃ、誰かと出かけているのは

全て友人、知人、です。交通費を相談の上で割り勘しています。→ここ、誤解されやすくて困っているところ。後で述べます。

<これは出来る>
お客様を駅までお送りする。お迎えに行く。これは個人的な約束をしての送迎。
また、せっかく県外から来られたから、一緒にご飯食べてから帰る?うどん屋さん行く?という事でお連れする。

県外からの生徒さんで講座に来た方で「平賀源内薬草園も見たいと思っている」と言われたら「え?じゃ、良かったら一緒に行きましょうか?」という個人の話しで一緒に行くこともあります。

もちろん「私が一緒に行きたい」と思う方であれば、です。

ついで、じゃなくてピンポイントで私に「平賀源内薬草園」で「牧野植物園」で講義を受けたいという希望があれば「現地集合解散」が原則で行う事は可能です。過去に実際に行いました。そして今も時々しています。

<車を出す事について>
不便な所だから車が必要な場所の現地集合現地解散の場合、それでも基本は参加者は公共の交通を利用して頂きます。各自で手配して頂きます。だけどマンツーマンまたはお友達ペアで申し込んでくれていて、皆さんの了解があれば「私が現地に行くついでに乗せる」事はします。

<なんにせよ、大事な事は>
もしも事故があったときは、私の車の保険を使うという事です。それが不安なら自分でお越しくださいという事になります。
私に迷惑がかかるから、とか、申し訳ないから、とは思わなくても大丈夫です。出来ない時にはその様にお伝えをしています。

フィールドワークの講座は現地集合現地解散です

私が言うハーブ園ツアーやフィールドワークは、現地集合現地解散。植物の話をするとか、探検するとか、そこからアロマの話をするとかの講座の時に行くフィールドは不便な場所も多いけど、ツアーにするわけに行かないので仕方がないです。

<料金>

目安の金額を聞かれるのでここでチラッとお伝えします。

<アテンドツアー/ハーブ園、屋島、島などを一緒に巡る>


半日(約3時間)¥16,500(税込)
1日(開園から閉園まで)¥22,000(税込

・入場代はそれぞれが支払いです。
・参加人数は3人まで。(それ以上は要相談)
・飲食代は別です。一緒にお食事することはもちろん可能です。喜んで。
・資料などが必要な講座の場合は、別途料金です。基本は一緒に回ってお話をするだけになります。
・現地集合現地解散が原則ですが、必要な場合に応じて、個人的なお付き合いがある場合、友人として私の車に同乗していくことは可能(要相談)ただし、事故に関して高嶋は責任は取りません。普通の私の保険での対処しか出来ません。また、場合によりお断りすることもあります。
・交通費=実費(車、新幹線、飛行機、早めに言って頂ければ安く行く努力はします)
・宿泊費=1泊¥11,000(宿泊が伴う場合は)

え?高い???講座なので、それから言えば半日料金でも普通の講座よりだいぶお安いです(笑)。
行くまでの行程、宿泊等の相談にも乗らせて頂いています。その情報や一緒に調べる事、全てが商品です。

よくある交通費の割り勘問題(個人の価値観です)

先に述べた様に、友達と交通費の割り勘する時の価値観。これは、本当に人によって、意見が変わりますよね。お客さんと割り勘する時も悩むところです。

・きっちり等分に割る時もあります。
・端数を負担してくれる人も居ます。
・私はゼロの時もあります。
・ゼロで、ご飯もおごってくれて、飲めない分お酒を買って渡してくれる人も居ます。

正解は無いし、どれでも文句は言いません(笑)はい、ありがとう。と言って終わります。

ただ、きっちり等分の人に多いのは「1人で行くより安くて楽しくていいね!」って言われることがあります。正直今、こういう人と旅に出る事は無くなりました。これね、割り勘方法って、大事なのはお金の問題じゃないんです。目に見えない部分の気遣いの話し。

あと「あ、今日の交通費、請求してね」っていう人。それを言われたら、私は苦笑いしながら、きっちり等分にします。その時さらに「運転してくれたんだから、余分に請求してよ~?」とか言われたら、置いて帰ろうとすら思います。意味わかる?

いや、割り勘でもいいから計算ぐらいはしてね、座っている間に出来るよねって思うの。そして自分の価値観で、私に運転代を余分にくださいって思うの。私の方にその価値観をはからせるな、と。だから割り勘にするんです。最後の最後に、運転が終わる時、そんなところで自分の価値観を測られるのは嫌です。

同乗者が、空き時間にすべきこと(個人の価値観)

これは私が車に乗せてもらう時にしている事です。

①燃料計算
・走行距離
・ガソリン代リッター何円か運転手に聞くか調べ確認する
・燃費
これがあれば「ガソリン代の計算」ってググったら、計算式出てくるので計算する。

➁高速代メモ

・料金所ごとに、お互いのLINEなどに料金をメモいれて送信していく

そのうえで、お互いの関係性において料金を同乗者が計算して、仲間と割って運転者に渡します。

割り勘で良い時ももちろん、ある

どこか行く時に順番にドライバーになっているとか、違う時に別の持ちつ持たれつの関係があるとか、関係性によって、多く払うんじゃなくて割り勘で良いことだってある。

だけど、その比率が車の場合は命を載せているので、その緊張の部分は、ぜひ汲んで頂けると嬉しいです。

<運転するのが好きな人は>
・ふだんから車の調子を調整している
・人を載せる為に、車をきれいにして
・一番早くに出て、一番最後に帰る
・ガソリンを満タンにして、掃除をして帰る
・車を運転する時に、事故が起きない様に気を付けて走っている
・同乗者と合わせて寄りたいところをガマンする時がある
・知らない道を行く時は、誰よりも緊張をしている


私はこうしています。と、言う事は乗せてもらう時もその気持ちで乗ります。割り勘する時は、メンバーの顔色見ながら考えますが、1人のときや「いつものメンバー」の時は、運転者は入れない時もあります。距離や場所に応じて、上乗せももちろんします。

それでも私が載せてくよ!って言うのは、メンバーが好きだから

それでも運転するのは、やっぱり一緒に行くのが楽しいメンバーだからです。それはお金に換算できないくらい嬉しくて楽しい。だから、車出すよ!!って手を挙げるんです。

そして、運転する人が、一番楽しいんだよねって思える時もたくさんあります。綺麗な空とか海、景色を堪能できるのは運転席。一番に目に飛び込んでくる場所も運転席。

そして、私は同乗者が眠ったりしたら、嬉しくてたまりません。ああ、安心してもらってるんだなぁって。だから、好きな人しか乗せたくないんです。

上記の様に色んな場面で色んな人を乗せ、色んな所に、色んな事を考えながら車を走らせています。そんな中で、得だから、損だからとか言われると、物理的にはそうかもしれないけどちょっと悲しくなります。

この様に面倒な私ではありますが、ドライブのお誘いが減らないのは、それでも楽しいと思って頂けているからだろうと思います。また、お金の話を先にちゃんとしているからだろうと思います。

そして「乗せて貰ったら損」と思う人が、いないので私は「うん!いいよ!私が運転するよ!迎えに行くよ!」って言えるんです。いいドライブはいい仲間から。そしていい思い出が増えるんです。














Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です